伊勢神宮・外宮 [三重]

いせじんぐう
伊勢神宮・外宮
祭神 豊受大御神
ご利益
電話番号 0596-24-1111
HP http://www.isejingu.or.jp/
所在地
 
三重県伊勢市豊川町
アクセス [!]情報が不足しております。
情報提供はコチラからお願いいたします。
詳細コメント
全国神社の源日本で最も高い格式を持つ。

日本建国の始祖である太陽の神・天照大神を祀る。

天照大神は、元々皇居内に祀られていた神である。

伊勢神宮は天照大神を祀る内宮の皇大神宮と、豊受大神を祀る外宮の豊受大神宮の2正宮から成る。
この2正宮に別宮14・摂社43他、末社・所管合わせて125の社の総社を指す。
内宮の正殿は20年に一度行われる神宮式年遷宮で、正殿を建て替え、調度品も古代のまま新調再現する。

現在の正殿は平成5年(1993)に建て替えられたもので、外宮と共に唯一神明造りという。
その昔、御師(おんし)と呼ばれる神官が全国に布教し、参拝を禁じられていた武士の参拝を可能にしたことがきっかけで庶民に広がり、
平安中期以降、お伊勢参りが盛んになったといわれている。

大晦日の大祓まで1年間に1000回以上の祭典があり、そのほとんどが稲作と関係がある。
6・12月の月次(つきなみ)祭 と10月の神嘗祭は一般拝観することのできない重要神事で、翌日の正午には天皇陛下も参列する奉幣の儀があり、外宮・内宮・別社・摂社・末社まで10日間かけて行われる。