香取神宮 [千葉]

かとりじんぐう
香取神宮
祭神 経津主大神
ご利益
電話番号 0478-57-3211
HP http://www.katori-jingu.or.jp/
所在地
 
千葉県佐原市香取1697-1
アクセス [!]情報が不足しております。
情報提供はコチラからお願いいたします。
詳細コメント
神武天皇時代(約2600年前)に、日本建国神話で鹿島神宮の武甕槌(たけみかづち)神と共に国譲り交渉に当たったとされる国家鎮護の武神・経津主大神を祀り、創祀したといわれている。
『神宮』の社号(明治以前は伊勢・香取・鹿島の3社だけであった)を持ち、中世は下総の国一の宮、明治には官幣大社、昭和17年には勅祭社に定められるなど各時代で最高の社格を有した。
奈良・春日大社、宮城・鹽竈神社など、香取大神を勧請した神社は全国各地に及ぶ。
香取大神は、国家鎮護の神として皇室からの御崇敬が最も篤く(毎年1月1日早朝に天皇陛下は東方を向き、香取・鹿島両神宮に御拝するという)三間流造の現本殿と楼門は、元録13年(1700)に徳川五代将軍綱吉によって再建されたもので、楼門内の老人像は竹内宿祢・壮年像は藤原鎌足といわれている。(現本殿と楼門は国指定重要文化財)
社宝には源頼朝・足利義政・徳川歴代将軍の寄進状があり、武将の手厚い庇護を受けたことが伺われ、日本三大名鏡(正倉院・四国大山祇神社)の一つである怪獣葡萄鏡宝物館は、千葉県の工芸品で唯一の国宝で、阿吽一対の瀬戸の狛犬は、国指定重要文化財となっている。
例祭(4月14日)は軍神祭とも呼ばれ、特に午年は式年大祭となり、1000人をこえる神輿が、170余挺の船を従えて利根川を渡るという。