水戸東照宮 [茨城]

みととうしょうぐう
水戸東照宮
祭神 徳川家康公/徳川頼房公
ご利益
電話番号 029-221-3784
HP http://kurobane.web.infoseek.co.jp/toushougu-index.htm
所在地
 
茨城県水戸市宮町2-5-13
アクセス [!]情報が不足しております。
情報提供はコチラからお願いいたします。
詳細コメント
元和7年(1611)水戸藩初代藩主・徳川頼房(威公)が、東照大権現(徳川家康)を祭神とし、社殿を造営したのが創祀といわれる。
三所権現ともいわれ、東照大権現(徳川家康)の他に、山王権現・麻多羅神を合祀していた。
元和10年、 徳川2代将軍・秀忠の霊屋を建立。以後、徳川幕府歴代将軍の霊位を祀った。
天保14年(1884)9代水戸藩主・斎昭が、山王権現・麻多羅神を除いて仏祭を廃止し神道祭事にあらため、昭和11年、徳川頼房を祀り、現在の形となった。
昭和20年の戦災により社殿全焼。現社殿は昭和37年の再建。社宝の「家康の佩刀」は重要文化財に指定されている。ちなみに徳川家康は天文11年(1542)12月26日生まれで、征夷大将軍であったのは2年間と伝えられている。例祭(4月17日)。