常磐神社 [茨城]

ときわじんじゃ
常磐神社
祭神 高譲味道根命(徳川光圀公)/押健男国御楯命(徳川斉昭公)
電話番号 029-221-0748
HP http://komonsan.on.arena.ne.jp/
所在地
 
茨城県水戸市常磐町1-3-1
アクセス [!]情報が不足しております。
情報提供はコチラからお願いいたします。
詳細コメント
天下の副将軍、水戸の黄門さまを祀る神社としてしられている。
明治元年、偕楽園(日本3大公園)内に祠堂(しどう)を建立したのが創祀といわれ、祭神は、水戸徳川家2代藩主・徳川光圀(義公)と9代藩主徳川斉昭(烈公)の二柱。
明治6年(1973)に常磐神社となった。
明治7年、現在地に遷座し、社殿を造営。昭和20年(1945)の戦災によって全焼したが、全国からの浄財によって、昭和32年に全国からの浄財によって、鉄筋コンクリート・銅板葺き・神明造の現社殿を再建した。
境内の義烈館(水戸黄門宝物館)には、420巻に及ぶ大日本史の草稿や書画などの水戸藩資料、両公の遺品、日本一といわれる直径144cm・長さ188cm・胴囲470cmの陣太鼓などが展示されている。
祭神が藩内に学問を勧めたことから、合格祈願の社としても信仰されている。
例祭(5月12日)、義公誕辰祭(7月11日)、烈公誕辰祭(4月4日)。