ご利益   健康   浄土真宗   勝負   必勝  

常陸國総社宮 [茨城]

ひたちこくそうじゃぐう
常陸國総社宮
祭神 伊弉諾尊/素盞鳴尊/瓊々杵尊/大国主命/大宮比売命/布瑠大神
ご利益
電話番号 0299-22-2233
HP http://www.sosyagu.jp/
所在地
 
茨城県石岡市総社2-8-1
アクセス [!]情報が不足しております。
情報提供はコチラからお願いいたします。
詳細コメント
創祀は,聖武天皇(724〜749)の時代といわれ,六所明神(東西南北と天地で、国の全部を網羅し国内全ての神をあらわす)を祭神とし、日本武尊(やまとたけるのみこと)御遺跡の神石に勧請・合祀したと伝えられている。
六所明神を祭神とする最も古い總社といわれ、嵯峨天皇(809〜823)の時代に總社(国内神社を1つに合祀した社のことで、寺社の国分寺。)となったという。
当地鎮守宮として信仰され、明治33年「常陸総社宮」と改称した。
境内には12の末社があり、常陸国の主な祭神が祀られ、中世には、鹿島神宮と密接な関係であったいう記録も残る。
関東三大祭の一つに数えられる常陸総社宮大祭は、神幸祭(9月14日)・例大祭(9月15日)・還幸祭(9月16日)から成り、五穀豊穣・家内安全・無病息災等を祈願する祭りで、毎年約40万人の人出でにぎわうという。