八坂神社 [大分]

やさかじんじゃ
八坂神社
祭神 建速(たけはや)須佐之男神/大名牟(おおなむち)遅神/櫛名田比売神を祀る。
所在地
 
大分県臼杵市大字臼杵祇園南
アクセス [!]情報が不足しております。
情報提供はコチラからお願いいたします。
詳細コメント
八坂神社は承徳元年(1097年)に創建されたといわれる。元来は、天延元年(972年)に藤原道兼が牛頭天王をはじめとする祇園三所天王を奥州磐前郡(現在の福島県いわき市)に勧請したものであったが、後三年の役(1083年 - 1087年)の混乱を避けて、海路、安芸国尾道(現在の広島県尾道市)を経て、臼杵湾の洲崎岩ヶ鼻に至り、神の木原(現在の原山地区)に鎮座したと伝えられる。現在、武家屋敷が残る二王座の名は、かつて八坂神社の仁王門があったことに由来するとされる。

戦国時代には、臼杵に本拠地を置いて豊後国を治めた大友宗麟がキリスト教に帰依し、神道や仏教は迫害を受け、焼き討ちに遭う寺社も多かったため、この神社も臼杵湾沿岸の岩窟や、津久見、日向国飫肥にまで遷座を余儀なくされたといわれる。しかし、大友氏が文禄2年(1593年)に改易されると、慶長3年(1598年)、太田一吉の治世に臼杵城三の丸であった現在地に鎮座した。

かつては祇園宮と呼ばれていたが、明治4年(1871年)に、神仏分離令や廃仏毀釈運動によって、八坂神社に改称した。