潮江天満宮 [高知]

うしおえてんまんぐう
潮江天満宮
祭神 菅原道真公・菅原高視・北御方
ご利益
電話番号 088-832-2896
所在地
 
高知県高知市天神町19-20
アクセス [!]情報が不足しております。
情報提供はコチラからお願いいたします。
詳細コメント
潮江天満宮は高知県では最も参拝者の多い神社であり明治時代には神仙道の大家「宮地水位」氏が宮司をしていた神社である。菅原道真公が京の都を追われると同時に嫡子右少弁高視朝臣もまた土佐権守として京都を遂われ土佐国潮江に住居した。 延喜3年(903)の2月25日に菅原道真公が亡くなり、公の遺品が菅原高視に届けられ、菅原高視は届けられた遺品を収め、これをご神体として潮江天満宮 を創建したと伝えられています。お正月・七五三・夏祭りなど、たくさんの人出でにぎわいます。学問の神として崇められ、学業成就を願う受験生が、毎年大勢お参りにやってきます。