赤崎神社 [山口]

あかさきじんじゃ
赤崎神社
祭神 保食神/三柱姫神/天熊人神
ご利益
電話番号 0837-22-2732
所在地
 
山口県長門市東深川
アクセス 赤崎神社前バス停より徒歩5分
詳細コメント
創祀は建暦元年(1211)北門鎮護の神として崇敬された。毎年9月10日に赤崎神社楽桟敷(重要有形民俗文化財)という、すり鉢状の自然の野外観覧席で楽踊・南条踊が披露されます。南条踊は、天正7年(1579)、吉川元春が南条元続の守る羽衣石城を攻めた時、踊り子を装った兵士らをひそかに城内に送り、敵のすきを突いて勝利を収めたことに名を由来する。ほら貝を合図に、側踊が円陣をつくり踊りがはじまる。楽踊はもともと、田植え神事の田楽踊に念仏踊の形が加わった民俗芸能といわれている。慶長元年(1596)、北長門一帯に牛馬の疫病が流行し村人は赤崎神社に平癒を祈願した。その立願成就の神恵に奉謝するために楽踊を奉納したのが始まりと伝えられている。