大和神社 [奈良]

おおやまとじんじゃ
大和神社
祭神 ・ 日本大国魂大神(やまとおおくにたまのおおかみ)
・ 八千戈大神(やちほこのおおかみ)
・ 御年大神(みとしのおおかみ)
ご利益
電話番号 07436-6-0044
HP http://www5.plala.or.jp/ooyamato/index.htm
所在地
 
奈良県天理市新泉町306
アクセス 【電車】
JR西日本桜井線 長柄駅 徒歩約5分

【バス】
近鉄・JR 天理駅から、桜井駅行きバス「大和神社前」バス停下車 徒歩約5分
近鉄・JR 桜井駅から、天理駅行きバス「大和神社前」バス停下車  徒歩約5分
詳細コメント
大国魂大神は天照大神と共に宮中に祀られていたが、崇神天皇6年(紀元前92年)が疫病鎮護の目的で、天照大神を笠縫村に、大国魂大神を市磯村に移し祀ったといわれている。天照大神が高天原を治め、大国魂大神が大地(倭国)を治める守護神であるとの伝承がある。現社殿は明治5年(1872)造営。戦艦大和には当社の分霊が祀られたことは有名で、英霊は末社に祀られている。例祭は4月1日。
(今から二千数十年前)に日本大国魂大神を皇女渟名城入姫(ぬなきいりひめ)に祀らせたが、後に、市磯長尾市(いちしのながおいち)を祭主としたところ国家は安泰になったという。