浅草   学業成就   東京   勝負   埼玉  

談山神社 [奈良]

だんざんじんじゃ
談山神社
祭神 藤原鎌足公
ご利益
電話番号 0744-49-0001
HP http://www.tanzan.or.jp/
所在地
 
奈良県桜井市多武峰319
アクセス [!]情報が不足しております。
情報提供はコチラからお願いいたします。
詳細コメント
談山神社は大化改新の中心人物の藤原鎌足を祀る神社。明治の神仏分離令が出るまでは妙楽寺と一体だった。藤原鎌足の遺骨を摂津国阿威[あい]山からこの地に改葬し、長男定慧が木造十三重塔(重要文化財)を建てたのに始まり、弟の不比等が神殿を建て父の像を安置したと伝わる。大化元年(645)多武峰に登って「大化の改新」の談合を行ったことから、後にこの山を談い山、談所ヶ森と呼びまた神社の社号の起こりとなりました。社の楼門、本殿、権殿はいずれも重要文化財。三間社春日造の本殿は、日光東照宮の手本になったと云われる。室町再建の塔は高さ17mで、木造十三重の古塔としては現存唯一の遺構で、拝殿とともに重要文化財。例祭、11月(第2日曜)に紅葉の「十三重の塔」の下で行われる蹴鞠祭。10月嘉吉祭「百味の御食」とも呼ばれる。