東本願寺 [京都]

ひがしほんがんじ
東本願寺
宗派 浄土真宗大谷派本山
電話番号 075-371-9181
所在地
 
京都府京都市下京区烏丸通七条上る常葉町
アクセス 京都駅徒歩5分、または地下鉄烏丸線五条駅徒歩3分
詳細コメント
浄土真宗大谷派本山。真宗本廟。開山、親鸞。建暦2年(1212)開創。文永9年(1272)覚信尼(親鸞の娘)が京都・東山に廟堂を創建したのが起源と伝わる。室町期には蓮如などの高僧を輩出し隆盛するも反目され、度重なる破壊に遭い各地を転々とし、天正19年(1591)豊臣秀吉の寄進により、本願寺第13代・准如(顕如の次男)が再建。慶長7年(1602)徳川家康の寄進により、本願寺第12代・教如(准如の兄)が東本願寺を創建したと伝わる。その後、度重なる火災に遭うが、明治28年(1895)に現在の堂宇が完成。御影堂には宗祖・親鸞聖人坐像、阿弥陀堂に本尊の阿弥陀如来を安置し、御影堂は世界最大の木造建築といわれている。また、境内にある渉成園(枳殻邸・きこくてい)は国の特別史跡・名勝に指定されている。